読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ始まってすらいない

アイドルマスターの天海春香さんと添い遂げたい系女子の回顧録になる予定。

輝きの向こう側へ行くために(ムビマス春香考察)

劇場版アイドルマスターについて考えてみた。

1アニマス・ムビマスの春香への不信感

私は春香担当のプロデューサーだが、初見からしばらく、というかつい最近まで、ムビマスの中の春香がわからなかった。もっと言えばアニマスの春香もだ。違和感を感じてしょうがなかったし、私が本当に好きな春香ちゃんはこんなものとは違うという気持ちがどこかに僅かにあった。私は春香担当として、一春香ファンとしてアニメの中の彼女を好きになれないことが悔しかったし、あれだけ出番・描写があって満足できない、満足に考察することもできない自分の低能さが悔しかった。
最初公開された時はM@STERPE@CEの感動と共に、どうしても納得することができなくて何回も劇場に足を運んだし、DVDが発売されて改めて見て考察に行き詰ってからはショックでしばらくムビマスのことを思い出すのも嫌になった。

さて、アニマス・ムビマス春香のどこに違和感があったかと言うと、彼女は本当にアイドルとしての責務・仕事より仲間の和を重要視するような性格だろうかという点だ。彼女は「歌が好き」「みんなに歌を聴いてもらうのが好きでなにより嬉しい」「だからみんなにもっと歌を聴いてもらいたい」そのために、アイドルになった少女である。無印春香コミュの中では「好きなだけではできないこともある」と春香が言っている場面がある。


春香は「みんなと」だけでは「仕事」にならないことをちゃんと自分で理解できている子なのだ。
私の意識の中にはどうしてもアニマス春香について『仲良しこよしのお友達グループじゃないんだから…』という思いがどこかにあった。
(しかし「仕事」より「仲間」を大切に思うのもまた春香であり、春香は心優しい普通の女の子であることも忘れてはいけない)
また、無印では基本的に春香一人であり、仲間は居ないためわかりづらいが、仲間をプロデューサーに置き換えて考えてみてはどうだろうか。春香は最後ずっと二人で歩んできたプロデューサーから別れを言い渡される。しかし春香はそれに耐えて、一人で歩き出す。そんな一人で立って歩ける子だったはずだ。天海春香は。

しかしこれは私の中の先入観であり、「私がこうあって欲しい天海春香」でしかないと気づいた。正確には「トップアイドルになりラストコンサートを乗り越えた天海春香」だ。
もっと言えば、私がムビマスに置いて、アニマスのその先の成長した春香において期待していた「春香像」だった。
しかし、結果として言えば、アニマスの話の春香回においての春香の葛藤は「春香の成長」ではなかった。あれは春香を代表とした「765プロが真の意味で団結するまで」の物語であり、「春香自身の物語」ではなかったのだ。あの数話の中脱落するのは春香じゃなくても、他の誰かでも構わなかったのだ。「765プロが団結する物語」で一応センターとして、また765プロのみんなの和の中心として春香が選ばれただけで。

765プロの団結の物語」としての話を要約すると、みんなが感じていた「自分たちは一人ではなく仲間が居てこその今までであり765プロだ」という気持ちを、みんながみんなそれぞれ受け入れた。春香の気持ちもみんなで受け入れた。という話ではないだろうか。

私がアニマス話で感じていた、春香への違和感も当然のことだろう。あれは「春香の物語」ではなく「春香の成長」を描いたものでもない。だから私が期待している成長した春香はTV版アニマスのどこにも居ないのだ。


あんな優柔不断で弱い女の子、ましてアイドルだっただろうか?とも思った。
彼女は本当に、可奈の脱退や志保の意見に怯えて日和っただけなのだろうか?私はどうしてもそう思えなかった。もっと言えば、それは天海春香ではないと思った。
だからって、急に「私は天海春香だから」と悟りを開いたようになってしまうのも、よくわからなかったのだ。

続きを読む